鬱と付き合い、これからも生きていく 僕の長い旅

鬱(うつ病)と診断され、パニック、不安障害と付き合い、向き合いながら、これからも生きていくと決めた僕の日々。

自律神経失調症、パニック、不安障害と付き合っていくことを決めた 
誰かにとってヒーローになりたいと、心に刻んだ僕の足跡
鬱体験記だったり、そのときの想いを綴るブログです。
このブログが闘い、悩んでいる方にとっても、何かの力になれれば。


鬱 体験記 その13.5 「母からのメッセージ」

こんばんわ。

昨日の母の誕生日、どうすればいいか結局わからず

会うこともできず。

(なんかタイトルがシステムVersionっぽいけど、そうなんだよなぁ)

 

結局どうしようかとかんがえていました。

結構時間もない。

何か買って届ける手段もない。

 

前々回書いたブログのURLを母に送ることにしました。

「母は見ることがない」なんていいながら

誕生日の前日に書いたことが、一番の素直な気持ちなんじゃないかって思い

そのURLだけはっつけておくりました。

(母はネットに弱いのでこれ以降はみれないはず。

 リンクはってLINEでおくったわけですが、それすらわからなかったしw

 

ただ返信くれたから

メッセンジャーという中に埋もれないよう

ここに残しておくことにしました。

 

今回は本当に残しておきたいものなので、

所謂、読んでほーう!とかいうのはないです。

(メッセージ来なければ今日買った考え方のフレームワークみたいなの書こうと思ってましたが

それはまたすっきり理解してからかきます。

/* -------------------------------------------------

ちょうど去年の今頃、智は小さい子どものようだったね。

誰かが居ないと不安で仕方ないって感じだったょ。

一年後に今の姿は想像出来なかったな…。

それは、もっと悪くなるのか、元のように元気になるのか…勿論、酷くなるなんて考えたくなかったけどね(^-^)

早くに病院に行ってくれたこと、本当に感謝してるょ。大塚の病院で良かったのか、もっと他の大きな病院に行った方が良かったんじゃないのか、自問自答したけどね…。

でも、続けて通ってくれた事、ありがとう。

あとは、他の病気(肝臓や高血圧)を治すこと。必ず治してこの先の人生を健康な体で生活してね(^-^)v

メールでは結構、変換ミスや脱字が多いけど、ブログではしっかりした文章で、なんだか知らない一面を見れた感じがしたょ?

もうすぐ26才だもんね…。

いつまでも子どもじゃないか(笑)

知らない人のことを助けてあげたいと思う気持ち、大切だよね?偉いな(^-^)v

------------------------------------------------- */

 

本当に泣きました。w

 

ブログに書いたものを、メッセージとして送ることも素敵なことだなって思った。

また新しいブログの使い方がでてきたなぁ。

一年に一度しかないですが。

 

今日もしんみり。

でも朝活(朝蕎麦屋に行く)は続けるぞ。

 

それでは、良い週末を!