読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱と付き合い、これからも生きていく 僕の長い旅

鬱(うつ病)と診断され、パニック、不安障害と付き合い、向き合いながら、これからも生きていくと決めた僕の日々。

自律神経失調症、パニック、不安障害と付き合っていくことを決めた 
誰かにとってヒーローになりたいと、心に刻んだ僕の足跡
鬱体験記だったり、そのときの想いを綴るブログです。
このブログが闘い、悩んでいる方にとっても、何かの力になれれば。


仕事に対する考え方を少しだけ変えるだけで、違う世界が見えてきた。

朝早い。

正直しんどい。

あぁ、今日は何を言われるのか。

もしかしたら怒鳴られるかもしれない。

目線が気になる。

 

そんなことをとにかく気にしてしまった12月。

正直その通りだった。

やったことないこと、だけどわからないは通じない。

誰に何を聞けばいいかわからない。

帰宅は日付が変わり、また今日は何を言われるのだろう。

怒られるのだろう。

起きられるかな...。

 

物凄く眩暈がしたが、今回は何としてもついていきたい。

もう精神疾患による休職はいやだ。

まずは薬を利用しよう。

(僕はまだ抗不安剤を飲んでたりします)

 

頼るんじゃなくて、利用しよう。

昔誰かから聞いた言葉だ、あの時は助けてもらった。

 

どうすればいいだろう。

 

そんな時、

「あれ、これって今乗り越えればスキル身に付くんじゃないかな」とか

「考える力がつくんじゃないかな」とか

「少しくらいかっこよくなれるんじゃないかな」とか

そうしたら、楽しみになってきた。

 

「なんとか食いついたら、いい感じに褒められるんじゃないかな。」

そんなことを考えたら、働く日が結構楽しみになってきた。

 

ダメだったらどうしようか。

ダメだったら、ダメでいいじゃないか。

投げやりじゃなくて、

しっかり考えて、しっかりやって、

それでダメなら、それでいいじゃないか。

 

また別を探せばいい。

自分に見合ってない、スキル以上の仕事をするときは

このくらいの考えじゃないとダメなんだな。

ただ真剣に、まじめに。

 

でもきっと、自分のスキルと同等といえど幅広くて

同等でも、同じような気持ちでやらないといけないのかもしれない。

モノサシじゃはかれないから。

 

しっかりと。

だけど、ゆとりはもって。

自分を大切に。

http://instagram.com/p/xWW4GuTWpX/

近場のよい景色。